ペットボトルで簡単で安いボング(水パイプ)の作り方【大麻やタバコに】

大麻

ボングを作るのにはじめに用意するもの

【注意事項】  また、このブログは大麻の使用のほう助やあおり目的は一切なく大麻に関する情報や知識の共有そして文化の紹介を目的として設立いたしました。

大麻の所持、譲渡、譲受そして栽培は大麻取締法違反に当たりますので絶対に行わないで下さい。 ダメ。ゼッタイ。

画像の通りやね。家にあるものでできる

・ペットボトル
・ペン(空洞を作れるタイプ)
・はさみ
・ビニールテープ
・ライター
・具材(大麻やタバコの葉など)
ペットボトルの大きさも好きにしてもらったらいいし、ペンのサイズとか種類とかビニールテープじゃなくてガムテープでもいいのかなどは好きにしてください。
結構どうやってもつくれます。
わからんかったら分かりやすい動画をみてください。

ボウル部分を作っていきます

ボウルとよばれる葉っぱを詰める部分を作っていきます。さて、要するものは以下の通り

・ペン先とインク部分
・はさみ
・アルミホイル
単純なのですがいくつかポイントがあります
アルミホイルは小さめに
円錐状になるように

するということです。

アルミホイルはあとからはさみで結構どうとでもなりますが、形は円錐状にきれいに巻いていきましょう。
言い忘れてましたが、画像の通りにペン先にインクのペン部分を挿入して巻いていきます。そして巻き終えたらペン部分を外します。
これは巻きやすくするためのテクニックです。

ペットボトルに穴をあけていく

やりかたは二種類ある

・火であぶって口で消す方法
・はさみで穴をあける方法
今回わたしは火であぶりましたがダイオキシンとかには気を付けましょう。
火の広がりがすぐにペンの直径くらいにはなりますので、息を吹きかけて消します。
あ、穴をあける場所はだいたいペットボトルの下から1/4です。

穴にペンを入れていきます

キモチェ・・・

入りにくい場合は強硬です。

失敗したらペットボトルなんてたくさんあるのでなんか他ので代用してください。

ペンのボディ部分と穴を固定しましょう

しっかりと固定しないと吸えないぞ

ここでビニールとかガムテープでふさぐ理由は2つあります

・穴からの空気漏れを防ぐため
・しっかりと穴と棒を固定するため
ですね。
ぐるぐる巻きにして漏れないようにしましょう。特に穴周辺は大切です。

ペットボトルに水を入れましょう

ここで大切なのがまたひとつ。水の量に気を付けましょう。
穴をあけた部分より上には水をいれないこと!
しっかり穴をテープでふさいだとはいえ、こぼれ出ちゃう可能性があります。

せっかく作ったのにだるいことなるよな

葉っぱを詰めます

はい、そこらへんで調達してきた葉っぱをボウルに詰めていきます。
はさみとかペンのインク部分などで押し込みながら詰めてあげます。

すこしめんどいなw

ボングの完成です

先ほどの葉っぱをつめたボウルをボングのペンのボディ部分に挿入しましたら、ボングの完成です。
よかったですね!

さっそく吸え!!!

吸います

吸い方は煙草とかとおんなじでして、葉っぱに火をつけながら吸い込む

動画内で僕は初心者的なミスを犯してますが、葉っぱに火をつけながら吸い込む

そうすることでしっかりと葉っぱが燃焼してくれます。

また、一生吸い続けるわけにもいきませんので、ボウルを時たま離してあげていったんてづくりボング内の空気をなくしてあげましょう。

いじょうです

どうですか?マスター出来ました?まあ今はそんな作んないですよねwww
とくに必要のないスキルですので。

ただどうせ大麻は合法化されると思いますので、だったらと思い書いておきました。

またYoutubeチャンネルでもこのように大麻くんの発信を動画ベースで見ていただけるのでぜひチャンネル登録をして一緒にチルしましょう(草)(草)(草)

コメント

タイトルとURLをコピーしました