かんたん手作り重力ボングの作り方【大麻やタバコ】

大麻

重力ボングの作り方【大麻やタバコ】

この世には様々なボングがありまして、ボングとはそもそもなんぞやといいますと

このような写真のものでして、フィルターの代わりに水を入れることから、水パイプとも呼ばれてます。

水の中をくぐらせ、ろ過することで、煙がよりマイルドになることで吸いやすくなるんですね~。

さあ、今回はこのボングを重力を利用してつくってみよーということで工作タイムです。簡単かつ見た目にも楽しいのでぜひ作ってみてくださいね。

注意
この記事は大麻の使用のほう助やあおり目的は一切なく大麻に関する情報や知識の共有そして文化の紹介を目的としてます。 大麻の所持、譲渡、譲受そして栽培は大麻取締法違反に当たりますので絶対に行わないで下さいね。

 

ボウルを作ろう

空のペットボトル1Lくらいのやつがええですね。用意してください。

基本的にどんなサイズのペットボトルでも作れますが大きくなると、重力ボングが大きなります。ここはお好みで。

ここでポイントです

  • 1人でつかうなら小さ目、みんなで吸うなら巨大に(草)(草)
  • もうひとつこれより大きなペットボトルとか容器をつかいますが、それより小さいことを確認しましょ

飲み口をアルミで覆う

キャップを外し、飲み口をアルミホイルで覆います。さてここで注意点です。

・アルミホイルを飲み口にべったりとくっつけないよう
飲み口全体をアルミホイルで覆いましょう

なぜゆるく巻き付けるかといいますと、後で重力ボングから吸う前に手で外さなきゃあかんからです。

アルミホイルで穴をあける

取り付けたアルミホイルに小さな穴を開けます。

つまようじ等の細いとがったもので穴を開けます。ピンとかペン先でもいいでしょう。

穴を作りすぎたり、穴を大きくしすぎたりしないようにしましょう。下に落ちちゃいますwwww

もったいないことこの上ねえ

この穴から煙がボング内に入っていくわけですね~。

ボング作り

ペットボトルを分割する

さあいよいよメインパートに入ってきましたね。
空のペットボトルの底を切り取ります。

最初に、底から2.5〜5.0 cm位のところをナイフとかハサミが入りやすいくらいに刺します。

穴が開きますね。そしたら次に、穴にハサミを挿入し、水平にボトルを切ります。
底の部分はつかいませんのでリサイクルでもしてみてください。

新しい容器を見つけよう

さっき切ったボトルよりちょっと大きいバケツまたはプラスチック容器を見つけましょう。

もちろんさっきのペットボトルよりも大きいペットボトルを使うこともできますし結構オシャレです。

ペットボトルを使うのであればさっきのペットボトルの上側とおなじ高さになるように設定しましょう。

容器を水で満たそう

選択した容器に水を入れます。冷水または温水はどっちでもいいです。氷とか入れてもひんやりした吸いごこちになっていいんではないでしょうか?

容器をほぼ水でいっぱいになるまで満たします(2.5-5.0cmくらいのマージンはとりましょう)

重力ボングを使おう

ボトルを水の入った容器に入れます。(水もこの時なかに入るように)

ボトルの首部分と、吸い口は水につけてはあかんやで!

吸えなくなるからなwww

アルミホイルの穴に葉っぱを振りかけましょう。指で砕いたり、グラインダーで葉っぱを砕いていきます。

※砕きすぎると穴から粉が落ちちゃいます

大麻をボウルの上に置いているときに、片手でペットボトルをしっかりとキープしておきましょう。

ペットボトルをゆっくり持ち上げながら葉っぱに火をつけます。こうすることで、ボトルが煙でいっぱいになります。

原理としてはまさに肺とおんなじやな

タバコとかジョイントに火をつけるときは吸いながらライターで葉をあぶりますよね。

片手でライターを持ち、もう一方の手でボトルを持ち上げます。ボトルを持ち上げている間、葉っぱに火を当て続けます。

底がほぼ水からなくなるまでボトルを持ち上げ続けます。

※ボトルを水から完全に持ち上げないでください。

すべての煙が漏れちゃいますwww

この時点で、ボトル全体が煙で満たされるはずです。

アルミホイルを外し、口を飲み口に乗せます。フィルターを取り外すと、ちょっと煙が漏れる場合がありますが、大丈夫です。

※ボトルを下に押さないようにしましょう。

煙がどっかにいってしまいますwww

吸入しながらゆっくりとボトルを押し下げます。
ボトルを容器に押し込むと、内部の煙が肺に押し出されます。これを早く行っちゃうと煙が一気に肺に流入して咳き込んじゃうので気を付けましょう。
煙がすべてボトルから出るまで、吸いながら押し続けます。

もう吸えへんw

そうなったら離してOKです。

肺から煙をゆっくり吐きましょう。

ペットボトルにさらに煙がある場合は、もう一度吸うか、ボトルを下に押して残りの煙を出します。

重力ボングをまた使用する準備ができたら、さっきのボウル部分を元に戻し、さらに葉っぱを振りかけ、繰り返します!

何度でも何度でも何度でも立ち上がりよb….

まとめ

良い重力ボングライフを(草)(草)

これに関してもちゃんと動画にて解説しますねwww

写真挿入はもうちょいまっとってな!!www

コメント

タイトルとURLをコピーしました