バナナパイプの作り方【大麻とかそこらへん】

大麻

バナナパイプのつくりかた

僕らは果物や野菜が体にいい栄養源であることを知っています。

甘いフルーツは、潤いと爽やかさをもって僕らの空腹感を癒してくれます。

しかし、とある果物や野菜が喫煙器具としても活躍することをご存知ですか?

バナナなどフルーツは、パイプとして使用するのに最適な長さと形です。

今日はみんなで大麻をキメる日だぜ。でも、ボングもない。パイプもない。ジョイントを作るための巻紙もない。。。おいおい、いったいどうやって吸ったらいいんだい?

創造性と革新性がこんな時には必要です。

賢いあなたならばお気づきでしょう。バナナです。

キッチンに向かい、熟していないバナナがあれば、ラッキーです。この筋トレ後のプロテインと相性のいいバナナはパイプにすることができるのです!!!!!

もう作るしかない!!!!!!!

つくりかた

バナナ選び

まあ落ち着いてください。ここは重要なポイントではありません。

皮膚に過剰な黒いほくろがある熟しすぎたバナナを避けることです。
内部がぐっちゃぐちゃで、カオスなパイプが完成するだけです。
完全に黄色もしくはまだ熟していないちょっと緑色の半熟バナナを選びましょう。

ツールを用意する

準備するもの
・ちいさいスプーン
・ナイフ
・ストロー
・アルミホイル

小さなスプーンを用意しましょう。こいつでバナナの一端を掘ります。スプーンに残ったバナナは食いましょう。

次に、ストローが必要を用意しましょう。バナナの部分にトンネルをこいつで作ってやります。

そしてナイフですね。ナイフでバナナを切断するのです。

最後に、もし大麻の灰を吸いたくないよって方はアルミホイルでスクリーンを作ってやりましょうか。

さあバナナパイプをつくろうか

ボウル部分をバナナの端から作る

見た目にいい感じなのはふさの部分と反対の方の枝が付いていない方のバナナの端を切り落とす事です。

ボウル部分の最先端は穴が空いていないのでちょっと先を切り落としてネタを入れて煙をしっかりと吸入できるようにしてやりましょう。

んでもって、バナナの端を切り落としましたらそいつをボウルにすべくスプーンで身をほじくり返して食べちゃいましょう。

これでボウル部分の完成です。

じゃあ煙の通るトンネルを作りましょう

ストローを使用して、この端から先ほど彫ったボウルに至るトンネルをつくりましょう。

角度を計算してボウル部分になるところにあたりをつけてストローを徐々に差し込んで行きます。
そのストローを徐々に差し込んで行きまして、ボウル部分に到達しましたら、ボウルになる部分からもその煙道に繋げるように皮の上からストローを差し込んで行きます。

ストローに詰まったバナナを取り除きましょう。食っても捨ててもどっちでもいいです笑

この時、煙の通り道には破片などが残ってしまうと上手く煙が口内に流入しませんのでなんとかバナナの破片はしっかりと取り除くこととしましょう。

ボウルを装着できるように穴を作る

ボウルをバナナにさせるようにナイフでボウルをセッティングできるように穴を作っていきます。

いやーもはやここまでくると工作です。

先ほど作ったボウル部分をバナナに開けたボウル用の穴に装着して完成です。

あとはネタをボウル部分に詰めてライターで炙って吸ってもいいですし、もしくはスクリーンと言われる灰が口の中に入らないようにする物をアルミホイルに穴を開けて作ってボウル部分に乗っけてもいいです。

まとめ

皆さんは上手にバナナパイプを作ることができましたでしょうか?

実際、バナナだけでなくても他のフルーツや野菜で全然おんなじ要領でパイプが手元にない場合も作ることができたりしちゃいます。

では良いバナナパイプライフをwww

コメント

タイトルとURLをコピーしました